原子力損害賠償措置額の引上げ求める意見書提出の請願を採択⋯飯塚市議会総務委員会

飯塚市議会総務委員会は今日10月30日、「原子力損害の賠償に関する法律を実効性あるものに改正することを求める意見書の提出を求める請願」(請願者・原発知っちょる会 山口輝生)を賛成多数で採択しました(4対2)。請願は、原子力損害賠償法にある賠償措置額が福島第一原発事故被害の実態に即 …

日本共産党嘉飯地区委員会が総選挙の結果について声明を発表

総選挙の結果について 10月24日      日本共産党嘉飯地区委員会   (1)今回総選挙(10月22日投票)で、日本共産党は、小選挙区では沖縄1区で「オール沖縄」 でたたかった赤嶺政賢さんが当選し1議席を勝ち取りましたが、比例代表で前回 21議席(606万票、11・ …

衆院選福岡8区の結果を受けて新たな決意で頑張ります

  今回の総選挙にあたり比例代表で日本共産党、小選挙区で宮嶋つや子へご支援をくださった皆様、本当にありがとうございました。街頭宣伝、ビラ配り、ポスターの貼りだし、知人への声かけへご協力いただいた皆様に、心から敬意を表します。   選挙戦では、安倍政治をやめさせ …

現市長の前市長、前副市長らとの賭けマージャンについて一般質問⋯9月定例会で川上直喜市議

飯塚市議会9月定例会における、川上直喜の一般質問の質疑と答弁のハイライトを紹介します。市長は現市長の片峯誠市長です。   【議員】賭けマージャンの1回目は、片峯市長が呼びかけたのか。 【市長】ともに食事をしているときにそのような話になり、じゃあ今度一緒にというようなお誘 …

白旗山メガソーラー開発業者が提出した見解書が閲覧可能に

白旗山メガソーラー開発に関する住民の意見書に対して、事業者の悠悠ホームが飯塚市長に提出した見解書(9月22日提出)が今日、閲覧できるようになりました。 市の自然環境保全条例に基づくものです。 市長は住民から意見書を受け取る際に、住民合意のない開発には反対との立場を表明しています。 …

10月17日(火)日本共産党・飯塚市市政報告会 菰田公民館

日本共産党・飯塚市市政報告会で宮嶋つや子が皆様に挨拶いたします。 ふるってご参加ください。 【日時】 10月17日(火)19:30〜20:00 【場所】 飯塚市菰田東1-7-45 菰田公民館 【弁士】 川上直喜市議会議員 【テーマ】 ・飯塚市卸売市場の移転問題 ・菰田地区生活改善 …

宮嶋つや子 2017/10/11北九州市街頭演説にご参加いただきありがとうございました

小池晃書記局長・参院議員、まじま省三候補(福岡9区・比例重複)との街頭演説の様子です。宮嶋つや子は憲法9条を守り抜き、若い世代に伝えたいと元気いっぱいに訴えました! たくさんのご声援ありがとうございました!

30億円も余計にかかる移転新築でなく大規模改修の検討を⋯⋯飯塚市体育館で川上市議

飯塚市は昨日開催の市議会の調査特別委員会で、市中心部にある飯塚市体育館(第1、第2)の移転新築建替に関する予算を来年度計上する考えを示しました。現在の施設を大規模改修すれば15億5000万円程度、移転新築建替なら45億円程度の費用がかかることを、市はすでに明らかにしています。 移 …

衆院選挙2017福岡8区 宮嶋つや子候補者 嘉飯地区出発式 今後の日程

嘉飯地区出発式 衆院選挙2017比例代表の日本共産党と小選挙区福岡8区の宮嶋つや子候補の嘉飯地区出式が10月10日(火)、宮嶋事務所で行われ、意気高く団結頑張ろうを行い、大奮闘を誓い合いました。   今後の日程 10月11日(水)は午前4時半から卸売市場でサポーターズが …

小池晃書記局長・参院議員 北九州市街頭演説 2017/10/11(水)

明日、2017/10/11(水) に北九州市戸畑区で小池晃書記局長・参院議員、まじま省三候補(福岡9区・比例重複)、宮嶋つや子候補(福岡8区)が街頭演説を行います。 加計・森友疑惑、消費税、憲法、北朝鮮、核兵器、野党共闘、、、日本共産党の政策と訴えをぜひお聞きください。 &nbs …

真島省三前衆院議員を迎え白旗山メガソーラー乱開発ストップをテーマに市政報告会

白旗山メガソーラー乱開発ストップをメインテーマにした今日午前の市政報告会には、真島省三前衆院議員と宮嶋つや子前飯塚市議会議員が駆けつけて、3人の住民のみなさんと一緒に現状報告し今後の課題を出し合いました。この間の状況について川上直喜市議が説明し司会進行をしました。地元から参加のみ …

核兵器禁止条約への参加を求める意見書を党派を超えて採択⋯嘉麻市議会と飯塚市議会

核兵器禁止条約への参加を求める声が高まるなか、嘉麻市議会と飯塚市議会が世論にこたえて9月定例会の最終日、賛成多数で意見書を採択しました。日本共産党をはじめ党派を超えて賛成の立場が表明されるなか、公明党議員は反対を表明しました。