白旗山開発めぐり更なる管理監督による指導の徹底を申し入れ⋯飯塚市長が県知事に文書で

    白旗山におけるメガソーラー開発業者に対する福岡県の指導をめぐり飯塚市は17日、梶原善充副市長らが県庁を訪ね、市長名の県知事宛て申し入れ文書を手渡しました。鐘ヶ江農林水産部長が対応し、農山漁村振興課長と同補佐が同席しました。市側は文書による回答を求めまし …

株式会社サカヒラの破砕機増設めぐる条例手続きなど川上市議が一般質問へ

川上直喜市議の一般質問の日程が決まりました。9月10日(火)午前11時からの見通しです。テーマは次の通りです。①株式会社サカヒラが破砕機の増設の許可を求めて福岡県産廃施設設置紛争予防条例条例、市自然環境保全条例の手続きを進めています②白旗山メガソーラー乱開発は、県がノーバル・ソー …

関の山鉱業権・市有地売却のゴリ押しやめよ

関の山の鉱業権・市有地を売却する議案を片峯誠市長が、市議会9月定例会(3日から26日まで)に提出しました。地元住民の同意はないのにあるといいはり、関の山鉱山株式会社(麻生セメント関連)の要求を優先したごり押しに批判が広がっています。新しいニュースができました。川上直喜市議が9月1 …

アサヒ飯塚メガソーラーへ着工中止求めて福岡県に申し入れへ⋯飯塚市が意向表明

    飯塚市は8月8日、アサヒ飯塚メガソーラーの工事着工の中止を福岡県に求める意向を示しました。市議会協働環境委員会での川上直喜市議の質問に梶原善充副市長が答えました。7月28日の住民説明会で持ち帰った質問への回答を行うまでは着工はしないとしていましたが、8月20日か21日には …

新たな土砂搬入しないよう指導⋯野見山産業に福岡県

元日鉄鉱業のボタ山跡を土砂処分地とする野見山産業(飯塚市筑穂元吉)に対し、新たな搬入をしないよう、福岡県が7月末までに指導したことがわかりました。8月9日、地元住民に明らかにしました。県や福岡市が引き続き、公共工事建設発生土の処分地と認めるか注目されます。#野見山産業 #土砂処分

白旗山メガソーラー着工は止めさせ、B調整池の審査見直しと調査を

アサヒ飯塚メガソーラー(一条工務店、光南溶工を承継)が白旗山の開発について7月27日、二瀬交流センターと幸袋交流センターで住民説明会をしました。住民の質問の多くに答えられず、持ち帰って検討すると回答しました。日本共産党の川上直喜市議は、2016年3月に林地開発を許可するまでに、B …

筑穂・北古賀の農道の危険箇所を現地調査し一歩前進

筑穂・北古賀エリアの農道3箇所の補修の要請を受けて川上直喜市議は21日午前、地元農家、市職員と現地を調査しました。2箇所については、地元関係者が作業をするのでセメントや砕石など資材提供を行うことになりました。1箇所については、市が検討した上で稲刈りの時期までに補修を行うことになり …

賦課限度額引き上げの国保条例改正⋯川上直喜市議が反対討論

5月23日に飯塚市議会臨時会最終日に川上直喜市議(日本共産党)が行った、賦課限度額を引き上げる国民健康保険条例の一部改正に対する反対討論を紹介します。 私は、ただいまの協働環境委員長報告にありました議案第72号、専決処分の承認(飯塚市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)に反対 …

頴田支所移転、未婚のひとり親の非課税措置など賛成討論⋯飯塚市・川上直喜市議

飯塚市議会の臨時会最終日5月23日、頴田支所の移転、市税条例改正について、川上直喜市議が行った賛成討論を紹介します。 日本共産党の川上なおきです。私は、ただいまの総務委員長報告にありました、議案第69号、第70号、および第71号に賛成の立場から討論を行います。 🔷7月から頴田支所 …

メガソーラー開発開発・土砂埋め立てはさらに資料提出と説明が求められると判断⋯飯塚市自然環境保全対策委員会

飯塚市自然環境保全対策委員会(馬奈木昭雄会長)は5月8日午後、市役所本庁で行われ、3つのテーマについて審議されました。 日本エネルギー総合システム株式会社(メガソーラ開発)について、調整池のオーバーフローに至る時間は想定基準の降雨に至るまでの様々な条件によって異なること、そもそも …