竜王山のふもと/明星寺南谷町内会(飯塚市)が太陽光発電開発に反対し立ち上がりました。業者が勝手に山林や田畑に侵入して測量し緊迫しています。日本共産党は住民のみなさんと一緒に頑張ります。10月22日は川上直喜市議が土地所有者とともに、勝手な測量の現場を確認しました。  

白旗山メガソーラー乱開発ストップ/送電線埋設ルートをチェック

 白旗山メガソーラー乱開発ストップの住民のたたかいが続くなかで、高圧線の川津までの地下埋設工事が始まりました。歩行者の多い歩道を開削するのに、地域住民にはまともな説明はありません。日本共産党は23日午後、伊岐須支部が川上直喜市議と一緒に埋設ルートを歩いてチェックしました。

川崎町を核のゴミ捨て場にしていいのか  川崎民報でお知らせ

   日本共産党川崎町委員会はこのほど、川崎民報10月号を発行し、高レベル放射性廃棄物最終処分場の誘致提案を批判して取り上げました。町委員会が議会傍聴で聞いた質問と答弁、町長への申し入れと懇談の様子を紹介しています。「核のゴミのチラシを読ませてもらった」と激励の声が寄せられていま …

竜王山のふもと明星寺にメガソーラー計画 地元は中止を求める取り組みへ

 竜王山のふもとの明星寺の山林でメガソーラー開発計画が進んでいます。10月4日にチラシが配布されました。地元では11日、会合を行い、一致して開発中止を求める取り組みを行うことにしました。  開発予定地を含むこの地域は急傾斜地で災害が心配されるとともに、稲作や果樹園芸に大切な安定的 …

筑穂元吉/日鉄ボタ山跡地土砂処分について市に要請 地元自治会

 日鉄ボタ山跡地(飯塚市筑穂元吉)における野見山産業の土砂処分について、地元の嘉穂自治会のみなさんが12日、飯塚市役所を訪ねて要請を行いました。9月定例会での一般質問で取り上げた川上直喜議員が同行しました。  都市計画課には、❶13メートルから14メートルまで積み上げられた(市担 …

騒音・悪臭のほかに不法投棄で県が指導していた 鞍手町のプラスチックリサイクル工場

 鞍手町室井団地に隣接するプラスチック中間処理工場(前田通商/本社・箱崎埠頭)をめぐる騒音や悪臭の生活環境について、鞍手支部と町議団の調査にもとづいて宇田川亮議員が9月8日、一般質問で取り上げました。  その後、地下に相当の不法投棄があったことが、情報開示資料で明らかになりました …

関の山は水源涵養林として管理していく 飯塚市が約束

 9月定例会で川上議員は、市有地(2カ所・保安林)売却は認められないとの立場で決算特別委員会で市長に質問しました。これに対しては、担当の行政経営部長が、「水源涵養林として管理していく」と2度にわたり答弁しました。  しかし、この市有地は保安林のまま、議会にかけられることなく、市長 …

新型コロナ対策抜本強化/メガソーラー乱開発ストップを訴えて9月定例会で一般質問へ⋯川上直喜飯塚市議

飯塚市議会9月定例会は、2日(木)から25日(金)までの予定です。一般会計補正予算案、前年度決算ほかの審査があります。 川上直喜市議の一般質問は、8日(火)13時からの見通しです。テーマは次のとおりです。

JR筑前大分駅西側ガード下に歩行スペース確保⋯地元自治会といっしょに頑張り一歩前進

JR福北ゆたか線と交差し狭くて危険な県道  JR福北ゆたか線が県道90号線と交差する筑前大分駅西側のガード下に、歩行者用の通行スペースを確保する工事が8月末までの予定でまもなく完了します。「狭くて危険なカードを拡幅してほしい」という地元の長年の要求に対して、飯塚県土事務所は昨年よ …

新しい市営住宅建替は住民の声を大切に現地建替を⋯党田川市議団が提案

 田川市は市営住宅(日吉町・新野上・平和・中央)の建替にあたり、住民への丁寧な説明とともに、改めてアンケートを行うことを明らかにしました。日本共産党田川市議団は田川市民報7月号外を発行し、住民の声を紹介し、現地建替を提案したことを紹介しました。#田川市 #日吉町 #新野上 #平和 …