子育て支援センターをお気軽に 飯塚市内に5か所

 子育て支援センターをご存知でしょうか。市内5か所にあります(左表)。市内にお住まいのほか、しばらく帰省中という方も利用できます。詳しくはQRコードで市役所HPへどうぞ。  飯塚市は子ども・子育て支援事業計画と子どもの貧困対策推進計画を合わせて、飯塚市こども計画として取り組んでい …

生活応援を現金支給でぜひ 飯塚市で請願署名始まる

 生活応援を現金支給で求める署名運動が、始まりました。武井政一市長は市長選挙で、「生活応援クーポン券の再発行‼︎」を公約の第一にあげましたが、3月議会で当初予算には計上していません。物価高騰はますます深刻です。市長に決断を求める取り組みをみんなで広げましょう。

田川市/学校給食費無償化/し尿処理業者変更の混乱 日本共産党が田川市民報5月号で紹介

日本共産党田川市議団(佐藤俊一市議・柿田孝子市議)が発行する「田川市民報」5月号ができました。表面は学校給食費無償化・高校卒業までの医療費無償化の実現、田川バイオマス火力発電所問題など、裏面はくみ取りや浄化槽清掃等業者の変更を取り上げています。

部落解放同盟に対する補助金増額の背景に切り込む 飯塚市議会3月定例会で川上直喜市議

 新年度補助金の増額をめぐり部落解放同盟飯塚市協議会と市役所が昨年秋、市長選・市議補選(11月5日告示・12日投票)を挟んで協議を繰り返していました。3月定例会の予算特別委員会で、日本共産党の川上直喜市議が資料提出を求め、補助金増額の不透明な経過をただしました。youtubeは1 …

飯塚市の人権啓発事業委託費 部落解放同盟と深い結びつきのNPOに累積7億8000万円

飯塚市役所の人権啓発委託事業を、部落解放同盟と深い結びつきのあるNPO人権ネットいいづかが、独占的に受注し続けていることをご存知でしょうか。2006年度からの委託料の総額は約7億8千万円です。消費税分(5650万円)まで含んでいます。どういう事情でしょうか。川上直喜市議は、3月議 …

雨季を迎え高まる土砂災害の危険 福岡都市圏の建設発生土が筑穂元吉の住宅地周辺に山積み

 これが地域デイ施設用地の造成工事でしょうか。高さ7メートルまで土砂を積み上げる計画を福岡県が許可したのにも驚きますが、その高さをはるかに超える状態を事実上野放しにしていることに、「あまりに無責任すぎる」と地域住民の間で怒りが広がっています。  現場は福岡都市圏に近い飯塚市筑穂元 …

なれあいに反省が見られない施行規則の改定 飯塚市職員倫理条例

#市職員倫理条例 #部落解放同盟 飯塚市が3月11日、総務委員会に報告した職員倫理条例施行規則の改定は不十分です。100条調査で発覚した新体育館めぐる市幹部・市議・業者の会食、多額の補助金を毎年受けとる部落解放同盟幹部らとの立食パーティーへの市幹部28人の参加への反省が見られませ …

きれいな市政でこそ暮らしの応援ができます 飯塚市議会で川上直喜市議が一般質問

 自民党裏金事件、官製談合疑惑など、政治はなかなかきれいになりません。その一方で市民には、保育料、子ども医療費、学校給食費、児童クラブ利用料、介護保険料、国民健康保険税、水道料、ごみ袋代をはじめ、重い負担がのしかかっています。  政治をきれいにし、住民の暮らしを守るために日本共産 …

児童クラブ遊戯室9か所に大型扇風機設置へ 飯塚市

飯塚市の児童クラブの遊戯室の多くは、猛暑に室温が上がると、子どもの安全のために使用できなくなる状態が続いています。扇風機さえなかったところに、大型扇風機が3月中に2台ずつ設置されます。対象は二瀬、立岩、飯塚東、鯰田、片島、椋本、若菜、上穂波、庄内の9か所です。

飯塚市議会 予算議会2月22日開会です

飯塚市議会定例会が2月22日、開会されます(3月19日までの予定)。新年度予算案の規模は、一般会計約809億円、特別会計約548億円、企業会計約91億円、3会計で約1450億円です。川上直喜市議の一般質問は3月1日(金)午後の3番目です。時刻は流動的ですが、午後2時半頃になりそう …

飯塚市長選11月5日告示・12日投票\9月議会27日閉会

飯塚市議会9月定例会が27日、閉会しました。一般会計補正予算案のほか、水道料金の口座割引の廃止議案、前年度決算認定ほかの議案の審査がありました。日本共産党の川上直喜市議は、市民負担増につながる口座割引廃止関連2議案、水道料値上げを反映した前年度水道事業会計決算ほかに反対しました。 …

学校給食費無償化、介護保険料、有限会社マリアへの補助金 一般質問を1問1答で紹介 日本共産党直方市議団ニュース

 ものすごい暑さです。気候危機の深刻さを痛感する毎日です。  物価高騰のなか、賃金が下がり続け、年金は上がりません。経済は成長せず、少子化は進む、戦争の不安が広がり、人権の侵害も深刻です。アメリカいいなり、財界最優先の自民党政治は行き詰まりを迎え、日本社会は今、民主的な変革を強く …

痛恨の夏/宮若市 3小学生の水難事故を日本共産党が現地調査

 夏休み初日の7月21日、小学生3人が死亡した水難事故が起きました。痛恨の事態です。宮若市福丸の山口川と犬鳴川が合流するところです。日本共産党筑豊地区委員会は7月24日午前、新井高雄委員長、藤嶋よし子前宮若市議、地元の高橋等支部長、川上直喜飯塚市議が付近をチェックしました。さらに …

トップに戻る