アンケート「新型コロナウイルス お困りごとはありませんか?」⋯党田川市議団にご協力を

 新型コロナウイルス危機から命と暮らしを守るために、住民の声を市政に届けようと、日本共産党田川市議団(佐藤俊一議員・柿田孝子議員)がアンケート「新型コロナウイルス お困りごとはありませんか?」へのご協力をお願いしています。項目は次の6点です。みなさんの声を行政等に届け、実現へ頑張 …

介護現場にしっかりした支援を⋯飯塚市議会全員協議会で川上直喜市議

 飯塚市議会が打ち出した新型コロナウイルス対策(総額17億1790万円)の第3テーマは、「市民生活維持のため活動を継続している事業所の人々への応援の視点」です。  4月24日に行われた市議会全員協議会では、医療施設従事者、保育施設従事者、放課後児童クラブ職員に対する応援事業が示さ …

飯塚市議会が閉会中の常任委員会を見送り⋯コロナ対策審査はきちんとした議会運営で

◉閉会中常任委員会を見送り  飯塚市議会は、5月の閉会中の常任委員会(総務・福祉文教・協働環境・経済建設)を見送ります。住民の立場から新型コロナ対策をきちんと審査するうえでは障害です。4月10日の代表者会議で、「非常事態下であること、採決を要する議案のない閉会中の委員会であること …

『小さなSOSお寄せください』 川上なおき市議が議会報告50号発行

飯塚市は4月28日、総額17億1790万円の新型コロナウイルスに関する独自施策を発表しました。命と暮らしを守るために機敏でしっかりした対策のために、十分な財政出動が求められます。 川上なおき議員の新しい活動レポートを紹介します。

決めつけによる懲罰は、議員の自由な発言を委縮させかねない⋯市政チェックへ川上直喜議員が新たな決意を表明

 飯塚市議会3月議会が2月25日、初日を迎えました。片峯市長の施政方針報告に先立って行われた川上直喜議員に対する懲罰(陳謝文朗読)可決は、弁明の発言を許さない議決をした上でのことです。川上議員のレポートを紹介した活動レポートNo 48を紹介します。No 47は3月議会の取り組みの …

賦課限度額引き上げの国保条例改正⋯川上直喜市議が反対討論

5月23日に飯塚市議会臨時会最終日に川上直喜市議(日本共産党)が行った、賦課限度額を引き上げる国民健康保険条例の一部改正に対する反対討論を紹介します。 私は、ただいまの協働環境委員長報告にありました議案第72号、専決処分の承認(飯塚市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)に反対 …

頴田支所移転、未婚のひとり親の非課税措置など賛成討論⋯飯塚市・川上直喜市議

飯塚市議会の臨時会最終日5月23日、頴田支所の移転、市税条例改正について、川上直喜市議が行った賛成討論を紹介します。 日本共産党の川上なおきです。私は、ただいまの総務委員長報告にありました、議案第69号、第70号、および第71号に賛成の立場から討論を行います。 🔷7月から頴田支所 …

代表者会議の参加資格等は16日に協議すると確認⋯飯塚市議会全員協議会

4月21日投票の飯塚市議選で当選した議員(28人)の全員協議会が、5月8日午前10時から行われました。財政規模が年間1300億円(一般会計・特別会計・企業会計)にのぼる市政運営をチェックすることは、議員と市議会のいちばん大切な役割です。あいさつに立った片峯誠市長は、「議会と執行機 …

政倫市民条例案賛成議員が増え得票は52%超へ⋯飯塚市議選

4月21日投票の飯塚市議選(定数28)の結果、「資産公開を考える会」が直接請求で制定を求めたが昨年12月議会で否決(賛成9・反対16)された市民条例案について、賛成する議員が9人から12人に伸びました。その得票合計は52%を超えました。新人は賛成3人、反対1人、無回答1人です。「 …

安心福祉のまちづくり新たなスタートへ市政報告会⋯川上直喜飯塚市議

飯塚市議選(定数28)は4月21日投開票され新しい市議会ができました。日本共産党は川上なおき候補(現職)が当選、うぬま武夫候補(新人)が落選の結果となるきわめて残念な結果となりました。選挙戦で訴えました公約には大きな共感がありました。2議席確保に必要な得票に結びつけることができな …