鞍手町が5つの分野で2億7500万円を投入⋯新型コロナ対策

 鞍手町の新型コロナ対応の国の臨時交付金(第2次)を活用する制度は、①住民生活等への支援②事業者等への支援③社会的な環境整備④緊急経済対策⑤国の補正予算関連、の5項目です。今回臨時会で可決の補正予算額は、2億7500万円です。特徴的なところを見てみました。日本共産党町議団(宇田川 …

新体育館建設は凍結し現体育館改修の選択肢を⋯飯塚市議会で川上直喜議員が討論

 7月27日臨時議会最終日、新体育館建設空調設備工事契約議案について川上直喜議員がおこなった討論を紹介します。                ★ 私はただいまの協働環境委員長報告にありました、議案第88号に反対の立場から討論をおこないます。  今回契約議案は、総事業費47億円の新 …

新型コロナ対策補正予算案の問題を指摘し賛成討論⋯飯塚市議会で川上直喜議員

  7月臨時議会(21日から27日)の最終日、新型コロナ対策の一般会計補正予算案第6号について川上直喜議員は、問題点を指摘して賛成しました。討論を紹介します。    日本共産党の川上直喜です。私は、ただいまの総務委員長報告にありました議案第86号原案に賛成、一部予算削除を求める修 …

新型コロナ対策/市の独自対策への財政出動は8億3000万円程度⋯飯塚市

 飯塚市議会の7月臨時議会(21日から27日まで)の議案は、①新型コロナ関連補正予算(一般会計補正総額11億1700万円/学校給食特別会計)②新体育館空調工事契約議案4億5300万円です。川上直喜議員は21日、本会議で新型コロナ関連補正予算、協働環境委員会で契約議案について質問し …

第2波を警戒し当面の対策強化を財源を示して提案⋯飯塚市議会で日本共産党

 片峯誠飯塚市長は6月25日、飯塚市議会6月定例会直後、上野伸五議長に臨時会(7月21日から27日まで)を申し入れました。①体育館空調設備工事に係る契約の締結②国の補正予算第2号による新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金に係る補正予算が議案となります。日本共産党の川上直 …

保育の完全完全無償化を求める立場から副食費徴収に反対討論⋯飯塚市議会で日本共産党

 幼稚園・保育所の副食費を徴収する条例改正が6月25日、飯塚市議会で可決されました。川上直喜議員は保育の完全無償化を求める立場から反対討論に立ち、収入や年齢によらず保育料とともに完全無償化している田川市の状況を紹介し、「田川市長にできて飯塚市長にできない条件はない」と指摘し議案の …

65歳を超える議員の報酬削減議案否決⋯飯塚市議会

 65歳を超えると議員報酬を6万円削減する条例改正案は6月25日、飯塚市議会6月定例会最終日に賛成少数で否決されました。道祖満議員(国民民主)が提出者で佐藤清和議員(国民民主)と瀬戸光議員(市民クラブ)が賛成者です。日本共産党の川上直喜議員の反対討論を紹介します。  

命と暮らし守るしっかりした財政出動を求め新型コロナを軸に論戦へ⋯飯塚市議会で日本共産党

飯塚市議会6月定例会が12日から25日まで行われます。川上直喜議員の質問予定などを紹介した議会報告No.53ができました。#新型コロナ #白旗山 #金比羅山 #関の山 #日鉄ボタ山跡地土砂処分 #新体育館 #安藤間・九特興業

アンケート「新型コロナウイルス お困りごとはありませんか?」⋯党田川市議団にご協力を

 新型コロナウイルス危機から命と暮らしを守るために、住民の声を市政に届けようと、日本共産党田川市議団(佐藤俊一議員・柿田孝子議員)がアンケート「新型コロナウイルス お困りごとはありませんか?」へのご協力をお願いしています。項目は次の6点です。みなさんの声を行政等に届け、実現へ頑張 …

介護現場にしっかりした支援を⋯飯塚市議会全員協議会で川上直喜市議

 飯塚市議会が打ち出した新型コロナウイルス対策(総額17億1790万円)の第3テーマは、「市民生活維持のため活動を継続している事業所の人々への応援の視点」です。  4月24日に行われた市議会全員協議会では、医療施設従事者、保育施設従事者、放課後児童クラブ職員に対する応援事業が示さ …