飯塚市地方卸売市場整備の場所は6箇所だけにとらわれず…検討委員会が答申書案に追加

‪飯塚市地方卸売市場等施設整備検討委員会が9月8日午後、場内の会議室で行われ、提示された答申書案にこの間の審議の方向性に矛盾する部分があると指摘する発言が相次ぎました。 休憩をはさんだ審議を通じて、「候補地それぞれにメリット、デメリットがあり、候補地の決定は、‬検討した6箇所だけ …

9月定例会を前に穂波で市政報告会…日本共産党飯塚市議団

●日本共産党飯塚市議団は9月定例会を前に8月27日午後2時から、穂波福祉総合センターで市政報告会を行いました。 ●衆議院福岡8区での擁立が決まった宮嶋つや子市議は開会の挨拶の中で、「森友学園や加計学園疑惑など国政の私物化に批判が高まるなか、安倍首相は戦争法や共謀罪法の強行に続いて …

悠悠ホームの白旗山メガソーラー開発…住民説明会で危険性が浮き彫りに

●飯塚市が都市計画マスタープランで緑地保全地域とし、住宅地が隣接し8500人をこす住民が暮らしている白旗山の大規模メガソーラー開発について、悠悠ホームが8月26日夜、幸袋公民館で第2回目の住民説明会を行いました(写真下)。 ●前回に焦点となった点についての悠悠ホームの説明に対する …

筑穂の鶯塚ため池汚染を党議員団と地元支部が緊急調査…飯塚市で

8月21日午前、「筑穂の鶯塚ため池が大変なことになっている」と連絡を受けて、日本共産党筑穂支部と川上直喜市議が市役所、地元の関係者に呼びかけて、ただちに現地を調査しました。 ため池の排水口付近と大分小学校付近に、腐敗した藻に青い正体不明のものが浮遊して集まっていて、悪臭を放ってい …

第1体育館の移転建替の意思形成の矛盾を指摘…特別委員会で日本共産党

●8月7日に開かれた体育館・筑豊ハイツ・卸売市場に関する特別委員会(第2回)において、片峯市長は第1および第2体育館の移転建替の意向を初めて公式に明らかにしました。市によると建設費は概算で45億円前後との説明です。 ●前市長が任命した検討委員会から5月8日付けで大規模改修ではなく …

体育館、筑豊ハイツ、卸売市場の特別委員会スタート…飯塚市議会

●新築建て替えをすれば100億円を超す税金投入が避けられないと見られる飯塚市の3つの事業について、飯塚市議会調査特別委員会が7月12日に行なわれました。体育館、筑豊ハイツ、卸売市場が調査対象です。 ●次回は、8月7日午前10時開会で、委員会が要求した新築建て替えに向けた時期、場所 …