白旗山乱開発/防災工事終わらないまま豪雨の季節にふたたび

白旗山(二瀬・幸袋)のメガソーラー乱開発は、防災工事を終わらないまま、ふたたび豪雨の季節を迎えました。工事現場では、土砂くずれや落石も続いています。深刻な土砂災害や水害が心配されます。こんな乱開発を容認し続けた県知事、住民の立場にしっかりたたない市長の責任は重大です。日本共産党飯 …

新庁舎建設に53億円なんてとんでもない/見直し求め住民アンケート/鞍手支部

 これからの鞍手町(人口15,468人)に、どんな庁舎がふさわしいでしょうか。岡崎邦博町長が、4月の住民説明会で明らかにした計画では、総事業費は53億円です。当初の36億円から、大きくふくれあがっています。町長は「コンパクトな庁舎づくり」といってきたのに、このままゴリ押しでいいで …

飯塚地方卸売市場/新規オープン前に改善を 関連店舗のみなさんが市長に要望書

 5月3日に新規オープンが迫る飯塚地方卸売市場は、いろんな課題がまだあります。惣菜や海苔巻、肉類、食品をあつかう関連店舗のみなさんは、4月になって市役所から鍵をもらい初めて移転先スペースに入りました。コンクリート打ちっぱなしの床を見て「びっくり」です。「なんとかしてもらわないと」 …

新型コロナウイルス対応 医療機関へ補助金が実現 /直方市   

 市内に所在するコロナウイルス診療、審査医療機関として県の指定を受けた病院又は診療所を運営する医療機関が対象です。補助金の使い途は原則自由ですので、職員の慰労金や感染防止等に有効活用できます。党議員団は、医療機関への支援を求めていました。渡辺かずゆき活動レポート4を紹介します。 …

片峯市政2期目・さっそくですか! 介護保険料引き上げ

 片峯市長が提出していた介護保険料引き上げ議案が、3月議会で可決されました(賛成25・反対2)。コロナ禍というのに介護サービスを減らす対策とセットです。日本共産党は川上直喜議員が、本会議で撤回を求めて反対討論に立ちました。活動報告85号をご紹介します。

暮らしアッププランを市長に提案/財源は一般会計予算の1・2%⋯飯塚市議会で川上直喜議員

 5年目を迎えた片峯市政です。3月議会(26日閉会)で、川上直喜議員は、新年度予算と市政運営をチェックし、PCR検査の拡充をはじめ新型コロナとのたたかいの課題、暮らしアッププランを提案しました。  片峯市長は、「こういうことができれば素晴らしい」としながらも、「今後も考えていきた …