関の山の鉱業権と市有地の売却契約を解除⋯飯塚市と関の山鉱山株式会社が合意書

 飯塚市と関の山鉱山株式会社は12月24日、鉱業権と市有地に関する2つの不動産売買仮契約書(8月23日締結)を契約解除する合意書をそれぞれ交わしました。  合意書1(契約の解除)で、「本契約における『甲の契約解除権』に該当する条項がないため、契約書第12条(契約の疑義)において、 …

18歳以下の子どもの均等割の全額減免を今後検討へ…国保税で飯塚市が答弁

‪#国民健康保険税 18歳以下の子どもの均等割の全額減免を打ち出した神奈川県大井町の情報を受けて、市民環境部長が飯塚市での実施について「今後検討して参りたい」と答弁しました。12月17日の市議会協働環境委員会での川上直喜議員の質問に答えたもの。今年度末の基金残高は9億4100万円 …

「林地開発許可条件違反2件を行政指導」「国への情報提供は遅延」⋯福岡県知事が決算特で高瀬菜穂子県議に答弁

    小川洋福岡県知事は10月11日、飯塚市内でメガソーラー設置を目的に森林開発を進める2事業者の林地開発許可条件違反(森林法)を確認し行政指導をしたのに、林野庁の通知にもかかわらず国への情報提供を遅延させていたことを認める答弁をしました。遅延の理由は明らかにしないままです。高 …

森林審議会で指摘を受けてようやく飯塚市長意見書を提出し、審議差し戻しになっていた会議録要旨を福岡県が開示

▼2015年12月22日、一条工務店の林地開発許可申請(白旗山)を福岡県森林審議会が審査した時に、福岡県が飯塚市長の意見書の現物を隠してダイジェスト版を出していることが傍聴者から指摘されて明らかになる一幕がありました。この経過を示す会議録要旨を、日本共産党の川上直喜飯塚市議が公文 …

ノーバル・ソーラーの「お約束」「協定書」を福岡県が持っていた

▼白旗山(飯塚市幸袋)でメガソーラー開発を乱暴に進め、福岡県から林地開発許可条件違反の指導を受けたうえに、開発区域外の市道を破損したのに、地元や市の要求に応えず住民説明会を行おうとしないノーバル・ソーラー(本社・つくば市)が、幸袋まちまちづくり協議会と交わした「お約束」と「協定書 …

白旗山開発めぐり更なる管理監督による指導の徹底を申し入れ⋯飯塚市長が県知事に文書で

    白旗山におけるメガソーラー開発業者に対する福岡県の指導をめぐり飯塚市は17日、梶原善充副市長らが県庁を訪ね、市長名の県知事宛て申し入れ文書を手渡しました。鐘ヶ江農林水産部長が対応し、農山漁村振興課長と同補佐が同席しました。市側は文書による回答を求めまし …

柳橋地区の異常浸水の究明めざし決算特で質問へ

◉西日本豪雨で柳橋地区を襲った異常浸水の原因究明をめざして、日本共産党の川上直喜議員が9月20日から始まる決算特別委員会で質問をします(質問は21日金曜日の見込み)。 ◉遠賀川に接続する庄司川排水機場へ、庄司川が流れこむ流域の地域住民は、集中豪雨のたびに深刻な浸水に苦しんできまし …