飯塚市議会9月定例会/コロナ対策しっかり論戦を⋯川上直喜議員が活動レポート103号

コロナ緊急事態宣言のもとで、9月議会が2日からはじまります(27日までの予定)。  おもな議案は、一般会計補正予算、2020年度決算認定、工事契約、土地売却ほかです。  コロナ対策では、ワクチン接種、医療体制、検査体制、学校・保育所ほかの対策の抜本強化が求められます。一般質問での …

白旗山乱開発/福岡県は住宅地隣接の森林伐採と土砂処分の盛り土を認めたのか

#白旗山 #アサヒ飯塚 #福岡県 林地開発許可地における対応(復命)令和2年1月8日付けには、「B 調整池を完成させるため、現状の伐採範囲に発生土砂を処理するよう留意されたい。ただし、これでも処理しきれない土砂が発生し、住宅地側の伐採が必要と判断された場合は県と協議すること」とあ …

白旗山メガソーラー現場/深刻な土砂崩れ復旧ないまま本体工事

 福岡県の2021年1月20日アサヒ飯塚メガソーラー現地調査報告には、「A調整池擁壁完了、法面一部崩落ブルーシート張り指示(応急)ボーリング調査用測量中」とあります。写真❶は、当時工事中の調整池です。崩落が大規模に広がって見えます。川上直喜議員が、情報開示請求で入手しました。熱海 …

白旗山乱開発/アサヒ飯塚メガソーラーに厳重注意書/林地開発許可条件違反

 熱海土石流災害が発生する3日前の6月30日のことです。白旗山のメガソーラー開発で林地開発許可条件違反があったと、福岡県が県庁で、地元自治会長のみなさんに認めました。県商工部農山漁村振興課によれば前日の29日、開発業者のアサヒ飯塚メガソーラーに厳重注意書を出して指導したとのことで …

白旗山乱開発/防災工事終わらないまま豪雨の季節にふたたび

白旗山(二瀬・幸袋)のメガソーラー乱開発は、防災工事を終わらないまま、ふたたび豪雨の季節を迎えました。工事現場では、土砂くずれや落石も続いています。深刻な土砂災害や水害が心配されます。こんな乱開発を容認し続けた県知事、住民の立場にしっかりたたない市長の責任は重大です。日本共産党飯 …

深刻/白旗山メガソーラー乱開発 地元住民のたたかい続く

一条工務店からアサヒ飯塚メガソーラーへ引き継がれたという、白旗山メガソーラー乱開発です。地元の4自治会長が昨年9月、飯塚市に提出した要望書で申し入れた福岡県と飯塚市による説明会は、いまだに行われないままです。川上直喜市議のツイートを紹介します。

片峯市長の市政運営を問う⋯飯塚市議会一般質問で11日・川上直喜議員

 日本共産党飯塚市議団活動レポート69号ができました。■来年2月7日投票で、飯塚市長選挙があります。新型コロナ危機が深まるなかで、市民の命と暮らしを守る市政への転換が求められます。7日からの12月議会定例会への議案(補正予算案と条例改正案ほか)が、市議会議員(28人)に送付されま …

環境破壊を許さない/住民のみなさんといっしょに現地調査⋯川上直喜市議の活動レポート64号発行

新型コロナ危機のもと臨時国会が10月26日から始まりました。飯塚市議会は来週から、閉会中審査があります。川上直喜議員は協働環境委員会で❶公共交通❷健康づくりを審査し、新型コロナ対策の充実を求めることにしています(11月6日)。活動レポート64ができました。  

関の山は水源涵養林として管理していく 飯塚市が約束

 9月定例会で川上議員は、市有地(2カ所・保安林)売却は認められないとの立場で決算特別委員会で市長に質問しました。これに対しては、担当の行政経営部長が、「水源涵養林として管理していく」と2度にわたり答弁しました。  しかし、この市有地は保安林のまま、議会にかけられることなく、市長 …