臨時医療施設・宿泊療養施設・保健所機能強化/飯塚市は県知事に要望を

デルタ型の広がりのもと、新型コロナ対策強化が急がれます。川上直喜議員(写真上)は8日、一般質問のなかで、県知事に対し3つの要望を行うよう片峯誠市長に提案しました。明確な答弁はありませんでした。

直方市議会9月定例会/3日から⋯渡辺かずゆき活動レポート23

 9月定例市議会は8月27日に告示され、9月3日から本格論戦が開始されます。9月議会は、令和2年度の決算認定を主な議案として議論されることから、来年度の予算編成に影響を与える意味合いもあり重要な議会となります。

飯塚市議会9月定例会/コロナ対策しっかり論戦を⋯川上直喜議員が活動レポート103号

コロナ緊急事態宣言のもとで、9月議会が2日からはじまります(27日までの予定)。  おもな議案は、一般会計補正予算、2020年度決算認定、工事契約、土地売却ほかです。  コロナ対策では、ワクチン接種、医療体制、検査体制、学校・保育所ほかの対策の抜本強化が求められます。一般質問での …

広報紙をすべての町民に/新型コロナ対策⋯添田町議会で永沼嘉代子議員が一般質問

 添田町議会6月定例会において、日本共産党の永沼嘉代子議員は23日、一般質問に立ち、広報紙をすべての町民に/希望者に安全迅速なワクチン接種/PCR無料検査体制/自宅療養者に対する支援体制づくりを求めました。

白旗山乱開発/相田団地建替/ワクチン接種⋯川上直喜議員が一般質問

 6月16日午前、日本共産党の川上直喜議員は一般質問に立ち、3つのテーマで片峯市長との論戦にのぞみました。 白旗山乱開発 防災工事の後回しを許してきたことが重大な事態を生んでいると指摘し、市の立入調査、開発中止命令の要請などを求めました。 相田団地建替 担当部の強引なやり方がスム …

ワクチン接種計画について/一般質問⋯直方市議会で那須和也議員

 直方市では5月10日から施設入所の高齢者からワクチン接種が始まり、75歳以上の個別接種が6月上旬より始まりました。希望者に対する安全で迅速なワクチン接種を求めて、那須和也議員が一般質問で取り上げました。

安全で迅速なワクチン接種へ計画見直しを提案/飯塚市議会で日本共産党が討論

 新型コロナウイルス対策関連の一般会計補正予算案について、日本共産党の川上直喜議員は賛成討論の中で、低所得子育て世帯に対する特別給付金の申請をていねいにおこなうこと、本市独自の生活応援金給付を実施すること、また、ワクチン接種事業は3つの視点で見直すことを提案しました。全文を紹介し …

新型コロナウイルス対応 医療機関へ補助金が実現 /直方市   

 市内に所在するコロナウイルス診療、審査医療機関として県の指定を受けた病院又は診療所を運営する医療機関が対象です。補助金の使い途は原則自由ですので、職員の慰労金や感染防止等に有効活用できます。党議員団は、医療機関への支援を求めていました。渡辺かずゆき活動レポート4を紹介します。 …