前市長・前副市長との賭けマージャンを議会で初めて認める……片峯市長

飯塚市議会3月定例会一般質問における川上直喜市議の質問と片峯誠市長の答弁の要点を紹介します。3月23日

【川上議員】賭けマージャン事件は前市長、前上下水道事業管理者、2010年着任の前副市長、教育長が関わっており、第3者を責任者に、市民を含めた検証チームをつくり、今回事件の全体像を誠実に徹底究明することを強く求める。
【片峯市長】私については、市長選挙立候補記者会見で聞かれて、「1年以上前に、教育長の職に就いて2回か3回、私と前市長と前副市長、もう1人は事業者でもなく、政治家でもない、一般の方なのでこの場ではお名前等は出さない」と回答した。日曜日の午後からだった。政治倫理審査会に結果をもって終結と考えている。
【川上議員】今のまま幕引きというわけにはいかない。