柳橋地区の異常浸水の究明めざし決算特で質問へ

◉西日本豪雨で柳橋地区を襲った異常浸水の原因究明をめざして、日本共産党の川上直喜議員が9月20日から始まる決算特別委員会で質問をします(質問は21日金曜日の見込み)。

◉遠賀川に接続する庄司川排水機場へ、庄司川が流れこむ流域の地域住民は、集中豪雨のたびに深刻な浸水に苦しんできました。

◉7月6日午後4時から6時頃の状況について、「雨が上がり、これまで経験のあるところまで浸水していた水位が、その後1時間くらいのうちに1メートルも上がり、過去経験のない被害が発生した」との証言が各地で聞かれます。

柳橋公民館で浸水と被災の状況を住民のみなさんの声を伺う、川上直喜市議(左)とうぬま武夫党地区災害対策事務局長

◉これについては、遊水池がつくられなかった上流からの流れ込み、オーバーヒートによるポンプ2基の停止だけではなく、「遠賀川方向からの逆流を見た」「排水機場の水門が開いていて庄司川へなだれ込んでいるのを見た」という証言もあり、今後の浸水対策のために究明が必要です。お気づきの情報をお寄せいただければ幸いです。090ー1366ー4309川上直喜

辺り一面が海のようになった柳橋地区(飯塚市は被災状況を9月14日現在、集計未了)