新体育館建設費7億円追加の謎を追及/川上直喜議員が反対討論で

▼飯塚市の新体育館建設費の7億円追加に対する、川上直喜議員反対討論を紹介します。片峯市長が、とにかく早く作れと言わんばかりに、中途で調査を打ち切り、想定外の出来事だと決め込んで、専門家にも顧問弁護士にも相談せず、安藤・間・九特興業に責任分担を話し合いもせず、不透明な金額を積み上げ、議会で厳しく指摘されて、やっと想定利率を明らかにするような、こんな事態が連続する市政運営の背景に、いわゆる政官業のとんでもない癒着がないか、真剣な調査が必要です。