エコテック産廃中間処理場火災対策で県保健福祉環境事務所へ…新井高雄嘉麻市議

5月28日から続いている嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処分場の火災について、日本共産党は新井高雄嘉麻市議が三浦県議団事務局次長とともに30日夕、飯塚市にある福岡県嘉穂鞍手保健福祉環境事務所を訪ね、有害ガス、水質汚染による住民の健康被害を防止する対策の考え方を聞きました。また、エコテック産廃中間処理場に関する監視と指導の記録すべての提出を求める情報公開請求を行いました。31日午後には県環境部に事情を聞くことにしています。写真は正面左が新井高雄嘉麻市議(撮影は田中正一郎「しんぶん赤旗」福岡県記者)

 

福岡県嘉穂鞍手保健福祉環境事務所にて聞き取りを行う新井高雄嘉麻市議

 

エコテック産廃中間処分場火災事故現場