筑穂元吉/日鉄ボタ山跡地土砂処分について市に要請 地元自治会

 日鉄ボタ山跡地(飯塚市筑穂元吉)における野見山産業の土砂処分について、地元の嘉穂自治会のみなさんが12日、飯塚市役所を訪ねて要請を行いました。9月定例会での一般質問で取り上げた川上直喜議員が同行しました。

 都市計画課には、❶13メートルから14メートルまで積み上げられた(市担当課)は、計画高の7メートル程度まで期限を切って速やかに切り下げさせること❷土砂搬入中止を指導するとともに、その事情を国や関係する自治体や事業者に周知すること❸安易な工期延長は認めず工程表を明らかにすること❹アスベストのスレートを含む建屋の適正処分計画を提出させることを、協議の末に申し入れました。

 環境整備課には、事業者に自然環境保全条例の説明を行って遵守を要求し、もとづき、第13条による協定書の締結に関する調整を求めました。とくに、住民の苦しみに寄り添い危険な状況を是正するために、現地調査を速やかに行うことを強く求めました。