代表者会議の参加資格等は16日に協議すると確認⋯飯塚市議会全員協議会

4月21日投票の飯塚市議選で当選した議員(28人)の全員協議会が、5月8日午前10時から行われました。財政規模が年間1300億円(一般会計・特別会計・企業会計)にのぼる市政運営をチェックすることは、議員と市議会のいちばん大切な役割です。あいさつに立った片峯誠市長は、「議会と執行機関がこれまでにも増して、それぞれの立場から議論を尽くし、ともに知恵を絞り、歩みを進めていかなければならない」とのべました。

会派および党派の結成については、川上直喜市議は①政党推薦は1人であっても無所属とはせず党派として位置づけること②会派は2人以上で構成とするならば代表者会議の参加資格を3人以上とすることは不合理である、との意見を述べ協議を求めました。16日開催の代表者会議において川上市議の参加を得て協議することが確認されました。