政倫市民条例案賛成議員が増え得票は52%超へ⋯飯塚市議選

4月21日投票の飯塚市議選(定数28)の結果、「資産公開を考える会」が直接請求で制定を求めたが昨年12月議会で否決(賛成9・反対16)された市民条例案について、賛成する議員が9人から12人に伸びました。その得票合計は52%を超えました。新人は賛成3人、反対1人、無回答1人です。「資産公開を考える会」が公表したアンケートへの回答をもとに検討しました。日本共産党は資産公開制度をより厳しくする立場で共同を大切に頑張ります。

賛成⋯当選12人(23399票・52%)・立候補14人(25116票・43%) 反対⋯当選10人(10698票・24%)・立候補13人(19953票・34%) 無回答⋯当選6人(10397票・23%)・立候補9人(12414票・21%) (注)不明・どちらともいえない・一部反対は反対に加えました。小数点以下切り捨てのため合計は100%になりません。

2018年12月定例会の市民案の採決で起立して賛成したのは9人でした。