すべての教室にエアコンを6月末までに⋯飯塚市委が請願採択

🔹ことしの夏までにすべての教室にエアコン設置を求める請願が2月7日、飯塚市議会福祉文教委員会で全会一致で採択されました。新日本婦人の会飯塚こすもす班が提出し、川上直喜市議が紹介議員となりました。

🔹請願内容は、昨年10月公表の市の整備期間短縮計画によって2学期以降となった11小学校についても、6月末までに設置するよう求めるものです。

🔹川上市議は、市と教育委員会の責任について、教室の室温把握の甘さ、大規模改修工事のスケジュール任せの無責任、財政出動のタイミングを失った誤りの3点を指摘し、この際、市議会が果たすべき役割を果たし、請願を採択するよう求めました。

🔹審査の過程で教育委員会は、9校(立岩、飯塚東、飯塚、高田、上穂波、鯰田、椋本、内野、八木山)は6月末、2校(若菜、大分)は8月中というところまで短縮できる見通しを明らかにしました。

🔹9校の見通しを確実に実現させるとともに、若菜と大分について6月末までの設置を進めさせる取り組みが必要です。