市有地売却をめぐり麻生グループ会社の要求に応える市の決定は昨年11月8日までに

◉契約を無視した麻生グループ会社(株式会社療育振興プロジェクト)の要求にしたがった、療育施設ミーティアス敷(市有地)を売却協議からはずす飯塚市の決定が、第4回頴田病院土地売買に係る協議(2017年11月8日)までに行われたとする、市の資料を紹介します。無償貸付の継続を議決させる12月議会へ議案上程には、タイムリミットの時期です。川上直喜市議が情報公開で入手したものです(写真)。

 

◉この協議記録には、「前回協議(平成29年9月14日開催)以降、社会・障がい者福祉課が療育プロジェクトと協議を重ねた結果、ミーティアス敷きについては売却協議から外す決断をした」との記述があります。川上市議への情報公開決定通知書(2018年4月30日付け)には、「情報の全部を公開することに決定しました」とありますので、この間の協議は公式記録を残すことのできないレベルで行われたことになります。