3000万人署名成功へ活動交流会⋯九条の会・筑豊が取り組み強化を呼びかけ

「安倍政権による改憲を許さないために3000万人署名の成功を」と九条の会・筑豊の呼びかけた活動交流会が4月1日、飯塚市内で開かれました。池田富男事務局長の経過報告の後、署名への取り組みの経験が出し合われました。穂波地域で自治会で世話役をしている退職教員は、地域のみなさんに呼びかけている中でひとり、9条に自衛隊を書き込むのは賛成という人がいたが、その人も戦争はいやだと言っていたと報告。鎮西から参加の日本共産党の女性は、支部で目標を持って取り組んで、現在、3分の1まできたが、集める人を増やして目標達成へ急いで頑張りたいと発言。新飯塚診療所と健康友の会から参加の男性は、地道に頑張って目標の130パーセントくらいまで行ったが、さらに広げたいと決意を述べました。