白旗山メガソーラー開発の林地開発への市民意見を市は県に伝えて⋯飯塚市審議会で

白旗山メガソーラー開発についても審議があった2月2日の飯塚市自然環境保全対策審議会(会長・馬奈木昭雄弁護士)の音声記録に続いて、会議録を情報開示請求で入手しました。林地開発について委員から、「光南溶工と悠悠ホーム両方であるが、林地開発について、一方は林地開発(許可)が済んでいるが新たな事業者で計画がまだわからない。悠悠ホームについては、これだけの意見が出されているので、県についても、このことを把握しておくべきではないかと思う。市と県と話していただいて、伝えていただくようお願いしたい」と意見が出されています。