騒音・悪臭のほかに不法投棄で県が指導していた 鞍手町のプラスチックリサイクル工場

 鞍手町室井団地に隣接するプラスチック中間処理工場(前田通商/本社・箱崎埠頭)をめぐる騒音や悪臭の生活環境について、鞍手支部と町議団の調査にもとづいて宇田川亮議員が9月8日、一般質問で取り上げました。

 その後、地下に相当の不法投棄があったことが、情報開示資料で明らかになりました。嘉穂鞍手保健福祉環境事務所(HHE)が行政指導にあたりました。

 入手資料によれば、その後、HHEが廃棄物撤去を確認したのは、埋設箇所3箇所のうち1箇所のみ(6月15日現在)で、残る2箇所は9月から10月末までの対応とする計画書(6月15日付け/22日提出)があります。