白旗山乱開発に工事差止仮処分申請による対抗を提案⋯一般質問で川上直喜市議

    白旗山メガソーラー乱開発のストップを訴えて川上直喜市議は3月5日、一般質問の中で、市長が工事差止仮処分申請で対抗するよう求めました。片峯誠市長は答弁に立たず、中村雅彦市民環境部長が、「開発を許可した県に適切な指導監督を求めるので、仮処分申請は考えていない」と答弁しました。

    開発業者2者のうちノーバル・ソーラー(つくば市)は、市自然環境保線条例に基づく住民説明会を3月25日午後6時半から幸袋交流センターで行うとしています。