飯塚市長が一条工務店社長に面会申し入れへ…白旗山メガソーラー開発問題で

飯塚市議会6月定例会における片峯誠市長の2017年度施政方針に対する日本共産党市議団の代表質問と答弁のうち、白旗山メガソーラー乱開発に関する部分を紹介します。写真は5月28日、立岩公民館で行われた白旗山メガソーラー乱開発ストップ住民大会 川上直喜議員>>> ●白 …

「地域住民等の合意形成」をメガソーラー設備認定の条件に…福岡県市長会総会が決議

経済産業省のメガソーラー設備認定について、「地域住民等との合意形成」が図られているかについても条件とするよう求めることが、4月18日開催の福岡県市長会総会決議に昨年に続いて盛り込まれました。飯塚市の提案によるものです。

エコテック産廃中間処理施設火事現場を現地調査……日本共産党県議団

●嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処理施設の火事現場を6月8日、日本共産党は高瀬菜穂子県議、山口律子県議、新井高雄嘉麻市議が調査しました。 ●現場では掘削重機が産廃を掘り上げ、消防車2台が放水し消火作業中でした。炎は見えませんでしたが、掘削時は水蒸気か煙らしきものが確認されました。 …

6月定例会に「共謀罪」法案の廃案を求める意見書案を提出…党飯塚市議団

日本共産党飯塚市議団(2人)は12日、開会中の6月定例会に「共謀罪」法案の廃案を求める意見書案、学校法人加計学園に関する意見書案を提出しました。議案上程は3人以上という要件がありますので、賛同者がひとり以上必要です。

飯塚市議会6月定例会予算特が質問時間制限…日本共産党は反対

飯塚市議会は6月定例会の初日の9日、一般会計補正予算特別委員会(11人)を設置し、これまで質問通告順に日程の範囲内で質問を行っていたのを、質問時間をひとり50分間に制限することにしました。日本共産党から予算特に入った川上直喜議員は、質問時間制限は、議会の監視機能を弱めるものと指摘 …

嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処理場火災…あらい高雄市議が緊急レポート

嘉麻市大隈で発生したエコテック産廃中間処理場火災はまだ鎮火せず、住民の健康被害が心配されます。市は健康相談窓口を設置しました。日本共産党は住民の健康費額防止に全力をあげるとともに、火災の原因と責任について独自調査を開始しました。  

エコテック産廃中間処理場火災対策で県保健福祉環境事務所へ…新井高雄嘉麻市議

5月28日から続いている嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処分場の火災について、日本共産党は新井高雄嘉麻市議が三浦県議団事務局次長とともに30日夕、飯塚市にある福岡県嘉穂鞍手保健福祉環境事務所を訪ね、有害ガス、水質汚染による住民の健康被害を防止する対策の考え方を聞きました。また、エコ …

エコテック産廃中間処分場の火災事故現場を調査…新井高雄嘉麻市議

●エコテック産廃中間処分場(嘉麻市大隈)で5月28日発生した火災事故について、日本共産党の新井高雄市議が29日午後、通行止め解除を待って住民とともに消化作業中の現場に入りました。 ●火災現場は小高い山林の中にあり、西側に旧嘉穂町大隈の市街地が広がり、嘉穂保育所、嘉穂小学校、中学校 …

竜王山麓明星寺の山水対策工事は万全に

竜王山麓明星寺の山水対策工事は道路上に流出するのを抑制する水路はできましたが、水がどこに流れていくのか、その際に民家や農地に被害を与えないようになっているか、効果の程度がまだわかりません。万全の対策が求められます。川上直喜飯塚市議が5月27日、現地を見ました。