30億円も余計にかかる移転新築でなく大規模改修の検討を⋯⋯飯塚市体育館で川上市議

飯塚市は昨日開催の市議会の調査特別委員会で、市中心部にある飯塚市体育館(第1、第2)の移転新築建替に関する予算を来年度計上する考えを示しました。現在の施設を大規模改修すれば15億5000万円程度、移転新築建替なら45億円程度の費用がかかることを、市はすでに明らかにしています。 移 …

第1体育館の移転建替の意思形成の矛盾を指摘…特別委員会で日本共産党

●8月7日に開かれた体育館・筑豊ハイツ・卸売市場に関する特別委員会(第2回)において、片峯市長は第1および第2体育館の移転建替の意向を初めて公式に明らかにしました。市によると建設費は概算で45億円前後との説明です。 ●前市長が任命した検討委員会から5月8日付けで大規模改修ではなく …

体育館、筑豊ハイツ、卸売市場の特別委員会スタート…飯塚市議会

●新築建て替えをすれば100億円を超す税金投入が避けられないと見られる飯塚市の3つの事業について、飯塚市議会調査特別委員会が7月12日に行なわれました。体育館、筑豊ハイツ、卸売市場が調査対象です。 ●次回は、8月7日午前10時開会で、委員会が要求した新築建て替えに向けた時期、場所 …

飯塚市の新体育館建設地について7つの意見…市体育館等検討委員会が答申

飯塚市の体育館等施設整備検討委員会(樺島典仁委員長)は5月8日、「飯塚第1体育館は、隣接する第2体育館とともに建て替えが望ましい」とする答申書を片峯市長に提出しました。利用者をはじめ市民の合意を大切にする立場が求められます。写真は現在の飯塚市第1体育館(市ホームページより) &n …