九州運輸局が意見聴取申請の締切日の誤り認めるが⋯西鉄バス路線廃止事案について

西鉄バス路線の休止と廃止に関する公示(平成30年5月16日・公示番号九運公第14号)を出した九州運輸局が5月16日、新井高雄嘉麻市議の指摘に対して記載内容に誤りがあったことを認めました。 意見の聴取の申請の締切が本来は25日なのに24日と記載し、1日早く締め切ることになっていまし …

安倍政治許さないと怒り広がった森友学園緊急報告集会⋯日本共産党が飯塚市で

日本共産党嘉飯地区委員会が呼びかけた森友学園緊急報告集会が15日午後、飯塚市内の東町公民館で行われ、市民ら40人が参加しました。前日の国会前での怒りの市民共闘の息吹が伝わるなか、新井高雄嘉麻市議が国政の私物化、安倍強権体質、その原因、転換の展望について、宮嶋つや子前飯塚市議が福岡 …

森友学園問題で緊急報告集会⋯4月15日午後・東町公民館で日本共産党

森友学園問題緊急報告集会のご案内 日本共産党嘉飯地区委員会と地方議員団は、森友学園学園緊急報告集会を行うことにしました。国会議員の日程を調整中ですが、地方政治の舞台からの声として、飯塚市から川上直喜市議、嘉麻市から新井高雄市議、桂川町から吉川紀代子町議がレポートの予定です。 お気 …

西鉄バス碓井・大分坑線廃止協議が大詰め⋯傍聴認めず県バス地区協議会

福岡県バス対策協議会ブロック別地区協議会が29日午後13時30分から、飯塚市役所教育委員会会議室で行われました。西鉄バス筑豊のほか国、飯塚市、嘉麻市、桂川町の関係者が出席し、会長の福岡県交通課長が欠席したため同係長が代行しました。傍聴を認めない非公開としました。 日本共産党の新井 …

障害者の生きる基盤整備を早急に⋯嘉麻市議会が意見書

嘉麻市議会は3月定例会最終日の3月12日、障害児者の生きる基礎となる「暮らしの場」の早急な整備を求める意見書を全会一致で採択しました。障害者の生活と権利を守る福岡県連絡協議会の陳情がありました。衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣、内閣官房長官に送付します。飯塚市議 …

産廃火災から見える福岡県の業者に甘い産廃行政⋯新井高雄市議が福岡民報に論文

嘉麻市に産業廃棄物の中間処理場と最終処分場が合わせて15か所もあります。そのうちの一つ中間処理施設のエコテックで5月発生した火災は、改めて福岡県の産廃行政のあり方を問うものとなりました。新井高雄市議の論文が福岡民報に掲載されました(2018年1月号)。

エコテック産廃中間処理施設火事現場を現地調査……日本共産党県議団

●嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処理施設の火事現場を6月8日、日本共産党は高瀬菜穂子県議、山口律子県議、新井高雄嘉麻市議が調査しました。 ●現場では掘削重機が産廃を掘り上げ、消防車2台が放水し消火作業中でした。炎は見えませんでしたが、掘削時は水蒸気か煙らしきものが確認されました。 …

嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処理場火災…あらい高雄市議が緊急レポート

嘉麻市大隈で発生したエコテック産廃中間処理場火災はまだ鎮火せず、住民の健康被害が心配されます。市は健康相談窓口を設置しました。日本共産党は住民の健康費額防止に全力をあげるとともに、火災の原因と責任について独自調査を開始しました。  

エコテック産廃中間処理場火災対策で県保健福祉環境事務所へ…新井高雄嘉麻市議

5月28日から続いている嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処分場の火災について、日本共産党は新井高雄嘉麻市議が三浦県議団事務局次長とともに30日夕、飯塚市にある福岡県嘉穂鞍手保健福祉環境事務所を訪ね、有害ガス、水質汚染による住民の健康被害を防止する対策の考え方を聞きました。また、エコ …

エコテック産廃中間処分場の火災事故現場を調査…新井高雄嘉麻市議

●エコテック産廃中間処分場(嘉麻市大隈)で5月28日発生した火災事故について、日本共産党の新井高雄市議が29日午後、通行止め解除を待って住民とともに消化作業中の現場に入りました。 ●火災現場は小高い山林の中にあり、西側に旧嘉穂町大隈の市街地が広がり、嘉穂保育所、嘉穂小学校、中学校 …