安心福祉のまちづくり新たなスタートへ市政報告会⋯川上直喜飯塚市議

飯塚市議選(定数28)は4月21日投開票され新しい市議会ができました。日本共産党は川上なおき候補(現職)が当選、うぬま武夫候補(新人)が落選の結果となるきわめて残念な結果となりました。選挙戦で訴えました公約には大きな共感がありました。2議席確保に必要な得票に結びつけることができな …

住民説明会終了まで工事着工せぬよう申し入れ⋯白旗山メガソーラー乱開発めぐり市がノーバルに

飯塚市で白旗山メガソーラー乱開発を強行するノーバル・ソーラーが3月25日、幸袋交流センターで行った住民説明会において、市自然環境保全条例(第13条・生活環境保全協定の努力義務)を、①よく読んでいないと発言②工事着工の直前になって協議はできないと拒否、その後③すでに着工した事実につ …

白旗山メガソーラー乱開発ストップ・鎮西地区学校跡地の地元利活用をテーマに川上直喜市議が一般質問

飯塚市議会3月議会における川上直喜議員の一般質問がアップされました。テーマは①白旗山メガソーラー乱開発ストップ②鎮西地区の学校跡地・跡施設の地元利活用です。質問は3月5日です。

鎮西地区の学校跡地・跡施設利活用は「地元としっかり協議」⋯片峯市長が川上議員に答弁

鎮西地区の学校跡地、跡施設の地元利活用について、片峯市長は3月5日、「まだひとつの方向に決めることは急ぐべきでなく、さらに検討を続ける。地域が本当に栄えるためにどうするのか、地域のニーズにどうこたえるか」「学校跡地はひと括りではなく、どのような利活用を進めていくのか、安全性、財政 …

筑豊ハイツ再整備の12億5100万円の随意契約を批判

 飯塚市議会は3月20日、3月定例会最終日、九徳興業株式会社との12億5100万円の随意契約議案を賛成多数で可決しました。筑豊ハイツ再整備を急ぐため新方式を導入したためとの説明です。川上直喜市議は、市の入札のルールを逸脱するものと指摘し反対しました。その内容を写真で紹介します。

白旗山乱開発に工事差止仮処分申請による対抗を提案⋯一般質問で川上直喜市議

    白旗山メガソーラー乱開発のストップを訴えて川上直喜市議は3月5日、一般質問の中で、市長が工事差止仮処分申請で対抗するよう求めました。片峯誠市長は答弁に立たず、中村雅彦市民環境部長が、「開発を許可した県に適切な指導監督を求めるので、仮処分申請は考えていな …

鎮西地区の学校跡地・跡施設、白旗山メガソーラー乱開発⋯一般質問テーマ

川上直喜飯塚市議の一般質問のテーは次の通りです(写真は、住民が地元利用を求める旧潤野小学校)。 1 鎮西地区の学校跡地・跡施設について 1-1   跡地・跡施設の概要について 1ー2   地元利用について 1ー3   地元要望について 2 白旗山メガ …

飯塚市の安心福祉のまちづくりへ市政報告会⋯川上直喜飯塚市議

日本共産党の川上直喜飯塚市議の市政報告会の予定を紹介します。「くらしをよくする住民アンケート」への回答にお答えしながら、新年度予算案と条例改正案を紹介いたします。安心と福祉のまちづくりへご意見をお聞かせいただけないでしょうか。日程はつぎのとおりです。 2月23日(土)午後2時から …