市長選挙での市民共同の流れを大切に…飯塚市議団が決意を表明

市長選すぐあとの3月9日から、飯塚市議会3月定例会が始まりました。日本共産党市議団は、片峯誠市長に対し、ムダづかいを許さず、住民の暮らし応援、清潔で透明な市政運営を要求する視点で論戦をしています。市長選挙での市民共同の流れを大切に頑張っています。一般質問をぜひ、傍聴してください。

白旗山メガソーラー開発中止求める決議を……飯塚市議会市民文教委が請願採択

一条工務店と悠悠ホームによる白旗山メガソーラー開発の中止を求める決議を求める請願が3月14日、飯塚市議会市民文教委員会において賛成多数で採択されました。請願者は、緑ヶ丘、新相田、高雄区の各自治会長、緑ヶ丘自治会「メガソーラ開発設置から自然環境を守る会」世話人代表の4人で、議員6人 …

「原子力依存からの撤退を求める意見書」を求める請願……飯塚市議会が全会一致

飯塚市議会は3月定例会開会の9日、「原子力依存からの撤退を求める意見書」の提出を求める請願を全会一致で採択しました。これにより作成された意見書が、24日の最終日に採択される見通しです。

一条工務店の白旗山メガソーラー乱開発の説明会

住宅メーカーの一条工務店による白旗山メガソーラー乱開発に関わるフェンス工事の説明会が始まりました。二瀬公民館にて住宅メーカーの一条工務店による白旗山メガソーラー乱開発に関わるフェンス工事の説明会が始まりました。二瀬公民館にて   ‪「イノシシ対策フェンスは本体工事とは別 …

白旗山メガソーラー乱開発で「イノシシ対策」って?

「イノシシ対策」って何でしょうか。外周ネットフェンスを張っている間に、イノシシが開発予定地から出て行ってしまう可能性が大きいのは明らかです。工事現場から外部に追い出されたイノシシが近隣の住宅街で暴れ、子どもたちに危険が及ぶにではないかと心配です。開発予定地周辺には、自治会に加入す …