市長の資産公開制度を三役と議員まで対象拡大へ……飯塚市議会総務委員会が議決

●飯塚市長の資産公開の対象を三役に広げる条例改正案は6月22日、付託された市議会総務委員会において、議員にまで広げる修正案を合わせて賛成多数で可決されました。賛成4反対2。 ●日本共産党の川上直喜議員は、今回改正案で政治倫理基準、政治倫理審査会での報告書の審査、報告書の項目の明細 …

より厳しい資産公開制度づくりへ共同の第一歩へ

‪飯塚市長の資産公開制度の対象を3役まで広げる条例改正案の審査が、あす午前10時から総務委員会であります。日本共産党市議団は、①2015年政治倫理審査会意見書の通り同居親族までの対象拡大をめざし②今回提案を市民と議会の本格的な共同の第1歩とし③9月議会か12月議会までに議員を含め …

飯塚市長が一条工務店社長に面会申し入れへ…白旗山メガソーラー開発問題で

飯塚市議会6月定例会における片峯誠市長の2017年度施政方針に対する日本共産党市議団の代表質問と答弁のうち、白旗山メガソーラー乱開発に関する部分を紹介します。写真は5月28日、立岩公民館で行われた白旗山メガソーラー乱開発ストップ住民大会 川上直喜議員>>> ●白 …

エコテック産廃中間処理施設火事現場を現地調査……日本共産党県議団

●嘉麻市大隈のエコテック産廃中間処理施設の火事現場を6月8日、日本共産党は高瀬菜穂子県議、山口律子県議、新井高雄嘉麻市議が調査しました。 ●現場では掘削重機が産廃を掘り上げ、消防車2台が放水し消火作業中でした。炎は見えませんでしたが、掘削時は水蒸気か煙らしきものが確認されました。 …

6月定例会に「共謀罪」法案の廃案を求める意見書案を提出…党飯塚市議団

日本共産党飯塚市議団(2人)は12日、開会中の6月定例会に「共謀罪」法案の廃案を求める意見書案、学校法人加計学園に関する意見書案を提出しました。議案上程は3人以上という要件がありますので、賛同者がひとり以上必要です。

飯塚市議会6月定例会予算特が質問時間制限…日本共産党は反対

飯塚市議会は6月定例会の初日の9日、一般会計補正予算特別委員会(11人)を設置し、これまで質問通告順に日程の範囲内で質問を行っていたのを、質問時間をひとり50分間に制限することにしました。日本共産党から予算特に入った川上直喜議員は、質問時間制限は、議会の監視機能を弱めるものと指摘 …

飯塚市議会が臨時会できょう新しい議長、副議長を選出

飯塚市議会の新しい議長に藤浦誠一議員が選出されました。投票結果は、藤浦9、梶原健一8、田中裕二4、松延隆俊3、川上直喜2、坂平末雄2でした(敬称略)。副議長には、佐藤清和議員(民進党)が選出されました。投票総数27、無効5、有効22で、佐藤15、守光博正(公明党)4、城丸秀高3で …

楽市水管橋架け替え工事の事故調査を開始…党飯塚市議団

今回事故が発生した楽市水管橋架け替え工事は、ことし3月までに終了する計画でした。地元協議や天候のせいで時間がかかったうえに、入札が成立しないなどの理由から工期をくり返し変更し、ことし7月31日までとしていました。   9500戸におよぶ断水の危険など事故の影響はより重大 …