福岡県地域医療構想で飯塚医療圏742病床削減計画……飯塚市立病院病床のほぼ3倍

川上直喜飯塚市議は3月23日の一般質問で、3月策定の福岡県地域医療構想による病床削減計画を取り上げました。今回の構想の通りになると、飯塚市、嘉麻市、桂川町から742病床が削減されかねません。飯塚市立病院(250病床)のほぼ3つ分にあたります。飯塚市が事情を調べて反対するよう求めま …

住民の生命財産を守ることは行政の原点だ…片峯市長が白旗山メガソーラー開発に関して言明

飯塚市議会3月定例会一般質問における川上直喜市議の質問と片峯誠市長の答弁の要点を紹介します。3月23日   【川上議員】白旗山メガソーラー開発に関して、前市長は地元同意がなければ着工しないという一条工務店の当初の約束について「住民の理解が得られていない、安全性が確保され …

前市長・前副市長との賭けマージャンを議会で初めて認める……片峯市長

飯塚市議会3月定例会一般質問における川上直喜市議の質問と片峯誠市長の答弁の要点を紹介します。3月23日 【川上議員】賭けマージャン事件は前市長、前上下水道事業管理者、2010年着任の前副市長、教育長が関わっており、第3者を責任者に、市民を含めた検証チームをつくり、今回事件の全体像 …

白旗山メガソーラー開発中止求める決議を一条工務店社長に…飯塚市議会

飯塚市議会は3月28日、「白旗山周辺の大規模太陽光発電開発において地域住民との合意に基づかない開発について中止を求める決議」を、市長、知事、一条工務店社長、悠悠ホーム社長宛に送付しました。地域住民の請願を採択したことによるもので、3月定例会最終日の24日に可決しました。 飯塚市は …

賭けマージャン事件の100条調査求める請願……議運で質疑打ち切り

飯塚市で発覚した前市長、前副市長の賭けマージャン事件の100条調査を求める請願は今日3月22日午後、議会運営委員会で審査され、賛成少数で不採択となりました。 日本共産党の川上直喜市議は、片峯誠市長に対し、1月23日の政治倫理審査会の答申、2月3日の市民文教委員会に対して行った調査 …

市長選挙での市民共同の流れを大切に…飯塚市議団が決意を表明

市長選すぐあとの3月9日から、飯塚市議会3月定例会が始まりました。日本共産党市議団は、片峯誠市長に対し、ムダづかいを許さず、住民の暮らし応援、清潔で透明な市政運営を要求する視点で論戦をしています。市長選挙での市民共同の流れを大切に頑張っています。一般質問をぜひ、傍聴してください。

白旗山メガソーラー開発中止求める決議を……飯塚市議会市民文教委が請願採択

一条工務店と悠悠ホームによる白旗山メガソーラー開発の中止を求める決議を求める請願が3月14日、飯塚市議会市民文教委員会において賛成多数で採択されました。請願者は、緑ヶ丘、新相田、高雄区の各自治会長、緑ヶ丘自治会「メガソーラ開発設置から自然環境を守る会」世話人代表の4人で、議員6人 …

飯塚・嘉麻・桂川から病院ベッド742を削減か…福岡県地域医療構想

   福岡県知事が3月6日に公示した福岡県地域医療構想(写真は抜粋)は、飯塚保健医療圏(飯塚市、嘉麻市、桂川町)について、2014年時点の許可病床数3466に対し、2025年時点における必要病床数を2480とする推計をあげています。    病床機能報告による2015年時点の病床数 …

「浄水業者ではなく空調業者」と上下水道事業管理者が答弁

飯塚市議会3月定例会初日の9日、本会議で新年度の水道事業会計予算案の質疑に立った川上直喜議員は、前副市長の賭けマージャン事件究明を求めた昨年12月21日の陳情に添付されたDVDに浄水業者の施設が写っていることを指摘し、上下水道局として調査を行ったかとただしました。 梶原善充上下水 …