公正なごみ行政へ市民のみなさんと一緒にチェック⋯田川市議会で柿田孝子議員

 新ごみ処理施設(大任町)の建設が、国道322号バイパス沿いで始まりました。田川市郡のごみ行政は大きく変わろうとしています。  ごみ収集運搬業務の業者選びは、公正に行われているでしょうか。柿田孝子議員は9月議会で、事業系ごみ許可業者選定の過程が不透明であることを指摘し、3つの疑問 …

田川市政治倫理審査会への柿田孝子市議の提出文書を全文紹介⋯党田川市議団活動レポート

 日本共産党田川市議団活動レポート(10月27日付け)を紹介します。「田川市政治倫理審査会に9月24日、柿田孝子市議が提出していた文書を紹介します。公正な審査のために差し控えていましたが、審査が終わり、10月26日に調査結果報告書が提出されましたので、このさい全文を公表いたします …

木質バイオマス発電所着工/コミュニケーション努力義務を⋯田川市議会で佐藤俊一議員

 木材チップを燃やすバイオマス発電所(南国殖産関連会社)が6月着工され、地元の田川市糒(ほしい)地区では「きちんとした説明がない」と、不安の声があがっています。。市議会で佐藤俊一議員が10日午後、一般質問で取り上げました。

ワクチン接種の取り組み状況を紹介/田川市民報

 田川市議会厚生常任委員会は2月10日、新型コロナワクチン接種の取り組み状況を市執行部から聞きました。日本共産党市議団(佐藤俊一議員・柿田孝子議員)は、集団接種会場に高齢者が行きやすいように送迎体制を確保することなどを求めています。2月発行の田川市民報(党議員団発行)を写真で紹介 …

田川市民報59号発行⋯柿田孝子議員・佐藤俊一議員の一般質問を紹介

日本共産党田川市会議員団がこのほど、「田川市民報」ナンバー59号を発行しました。 来年1月22日発効の核兵器禁止条約に日本が署名し批准することを求める志位委員長の談話を紹介しています。 9月定例会での一般質問で、柿田孝子議員がPCR検査体制の充実と保健所機能の強化を求めたこと、佐 …

新しい市営住宅建替は住民の声を大切に現地建替を⋯党田川市議団が提案

 田川市は市営住宅(日吉町・新野上・平和・中央)の建替にあたり、住民への丁寧な説明とともに、改めてアンケートを行うことを明らかにしました。日本共産党田川市議団は田川市民報7月号外を発行し、住民の声を紹介し、現地建替を提案したことを紹介しました。#田川市 #日吉町 #新野上 #平和 …

新型コロナ対策充実へ住民アンケートへの声を市政に反映⋯党田川市議団が議会報告

  新型コロナ対策の充実のために住民アンケートを取り組んでいる日本共産党田川市議団がこのほど、議会報告を発行し、地域のみなさんの意見や要望の実現をめざした6月議会での論戦を紹介しています。アイキャッチの写真は、4月20日に二場公人市長に申し入れをする佐藤俊一議員(中央)、柿田孝子 …

トップに戻る